FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/09/30

【アルセーヌ・ルパン:八点鐘】塔のてっぺんで

あらすじ

オルタンスとロッシーニは秘密の恋仲。
ある日ロッシーニは、オルタンスを屋敷から連れ出し、駆け落ちしようと画策し、車を用意する。

ところが、車で屋敷を抜けたところで、何者かによって車輪が撃たれ、車は立ち往生することに。
ロッシーニの不手際に失望したオルタンスは、車輪を撃った本人である、レニーヌ侯爵のほうに惹かれ始める。

オルタンスは冒険を求めていた。夫が精神病で、行く先の見えない結婚生活に疲れ果てていたのだ。
レニーヌ侯爵は、そんなオルタンスを立ち入り禁止になっている屋敷の探索に誘う。

その屋敷では不思議なことが連続で起こるのだった。
まず、ずっとねじを巻かれていないはずの時計が8回鳴る。
ドアは厳重にカギがかかっていて、この20年間だれも屋敷にはいった形跡がないにも関わらず。

さらに望遠鏡がかくしてあったため何を見るための望遠鏡なのかを探るため、二人は見晴らし台に上り、
そこで恐ろしい光景を目にする。

かつてのぞき窓があったと推測される位置から、望遠鏡をのぞくと、ずいぶん前から放置されている男女の死体、骸骨が目に入ったのだ!
骸骨が誰のもので、殺人者はだれか、そしてねじが巻かれていない鐘が鳴るわけは?
ルパンはオルタンスとともに、謎の解明に挑む!


読後の感想
レニーヌ侯爵(ルパン)とオルタンスの恋愛劇と謎の解明が同時に楽しめる、第一話。
オルタンスへのルパンの口説き文句がたまりません。
要約すると、「一緒に冒険にでかけよう。8つの冒険を終えたら、付き合ってほしい。でも途中で僕といるのが退屈だと思ったらいつでも見捨ててくれてかまわない」というもの。
オルタンスを落とすために(?)ルパンが行う8つの冒険が、この本に収録されていて、オルタンスとルパンの恋愛の行方も見ものな、連作短編集になっています。
さらに、もう一つルパンはオルタンスと重要な約束をしています。
それは、「最後の冒険で、行方が分からなくなった大事な留め金を取り戻す」ということ。


それにしてもフランスは自由恋愛なんですね。
一応、オルタンス結婚しているんですが。
ルパンとロッシーニと二人に口説かれています。
100年前でこんな感じ。さすが愛の国フランスという感じです。

ルパンが塔で見つけた骸骨の謎を解決し犯人を突き止めたことによって、オルタンスは、お金がなく旦那も入院という窮屈な結婚生活から救い出されることになります。
弱者を助ける(まあ今回は下心があるわけですが)ルパンの姿勢も健在。

ちなみに、ルパンはこの本を通して、盗みを行いません。
かなり「いい人」です。
ルパンの場合、盗みの才能を活かして社会を変えていくみたいなところもあって、
ただのいいひとでないのも魅力なのですけど。

ただ第一話の調子に乗った才能のある若者という感じから、殺人を経験したり、恋人を殺されたり、自殺未遂までしたりして、
ルパンもだいぶ大人になっていますから、何か心境の変化があった時期なのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。